あと少しお金があれば…その少しのお金で人生が変わるかもしれないのにと考えたりしませんか?

大小にかかわらずお金を借りるということは、簡単なことではないかもしれません。

でも、絶対に必要なお金というのなら、確実に貸してもらえるところを探すのが最短かもしれません。

借金することへの抵抗感あったため借金することを先延ばしにしたら大変なことに

元々給料が安く、様々な支払いが重なり、お金に困りました。

  • そもそも生活費が足りなくなってしまい、食費もばかにならないので困りました
  • カードの支払いで、いつもの月より多く使ってしまったときに困りました
  • 上記などの支払いをしても、住宅に住んでいるので光熱費が足りなくなるということがありました

今も使っている身ですが、やはりお金は大切であるので、あまり消費者金融は使いたくないものの、どうしても生活していくには必要であったため、仕方なく契約しました。

もちろん、金利とかも発生し、自分の性格上、たくさん借りて、その後困ってしまうような気がしていましたが、それでも必要経費であり、どうしても仕方ないと思って契約してしまいました。

一時的には改善できましたが、自転車操業的な生活となったため、その後の生活がさらにひどいものとなってしまいました。

ただ、こういうことを経験したため、普段どのようなお金の使い方をしているかなどを見直す機会になり、そういう点ではよかったのかもしれません。

ただし、普段の生活という点を踏まえると、そもそも給料が安いので、これといって変わってはいません。あくまで、一時的になんとか逃れられるというだけにすぎないのかなという印象です。

会社などに連絡が行かれると困りましたが、そういうのはなかったので助かりました。

借金をしてなければ、少しのお金が足りないだけで大きな事態に

カードが使えなくなる、ガス、水道、電気などが使えなくなるのかなとは思いました。また、借金をしていることは周りには告げずに消費者金融を利用しましたが、結局生活自体ができなくなるので、周りの友人から借金をしなければならなくなり、返せなければそれが困りごととなり、私の周りから人がいなくなっていることでしょう。

そうなると、困りごとはお金のことより人間関係が第一の問題となってくると思うので、どの道を選んでいても地獄であったと思います。

消費者金融は最終手段と考えていましたが、周りも使ったことがあると聞いて使ったというところだったと思います。

抵抗感だらけでしたし、実際契約するときも、とてもではないですが、気分がいいものではありませんでしたし、ただ、こうでもしなければ今の自分は生活できないんだということを言い聞かせて、契約、借金をし始めたという気持ちでした。

借金は借りる額が小さいうちにやるほうが絶対いい

CMなどでも言っていますが、計画して、どの金額だけ自分が借りなければならないのかを考えて使えれば、便利なものかと思います。

また、今は各社、最初の利用から30日は金利が無料というのも行っていますので、自分の給料の範囲内で払える額を利用したいということなら、それはいい考えかもしれません。

ただし、金融会社は金利で成り立っているということを考え、あまり大きな額を利用して返せなくなると、借金地獄になるので、そこは注意したほうがいいということを伝えたいです。

私の場合、結局大きな額の借金を背負うことになり、今の私の給料ではまだまだ払い切るのは先になるほどの額です。

ただ、周りにはこのことは秘密にしているため、結局いやな気分のまま、晴れない気分のまま、一日一日を過ごしている現状です。

しかしながら、少ない額でも返していかなければ、自分に残される道は自己破産くらいしかなくなり、それはそれで迷惑が掛かってしまうので、何とか返しているといったところです。

借金するのなら小さい額のうちに小さい傷のうちに対処したほうがいいと思います。